会員向けメールマガジンバックナンバー

2020.01.27

フリマを舞台した新決済システムを悪用した詐欺の手口

★★★ご案内★★★
こちらは「オンラインデジタル終活サポートサービスDigital Keeper」が会員向けに(月)(水)(金)にお送りしている「お元気ですかメール」のバックナンバーです。
タイムリーなセキュリティ情報をお届けすると同時に、購読状況から会員の生存確認をさせていただき終活をサポートします。
Digital Keeperについてはサービス紹介をご覧ください。1ヶ月間無料でお試しいただけます。
★★★★★★★★★

おはようございます! デジタルキーパーです。今朝もお元気でお過ごしですか?

メルカリのようなフリマをお使いの方は多いと思いますが、今フリマを舞台に「Paidy」という後払い決済サービスを悪用した、とんでもない詐欺が広がっています。

Paidyのサービスは「メールアドレスと携帯電話番号だけで与信を与えて決済できるようにし、支払は後でまとめて請求書から振込で支払う」方式です。クレジットカードを使いたくない方には便利な決済ですね。

 ■Paidy paidy.com

犯行はPaidyを悪用して以下のように行われます。

1.犯人は在庫を持たずフリマに出展
2.被害者はそれと知らず商品を買い、代金をフリマに支払う
3.犯人は販売店の通販でPaidy決済で購入、被害者宛に品物を発送させる
4.品物を受け取った被害者はフリマで受け取り確認をしてしまう
5.フリマから犯人に代金が支払われる
6.後日販売店から犯人に請求が行われるが無視され、品物の送付先に請求書が送られてくる
7.被害者は「フリマと販売店」二重の支払をさせられることになる

この犯行でヤマダ電気とビックカメラが大きな被害を受け、現在Paidy払いを停止しています。

決済と支払のタイムラグという盲点を悪用した単純ながら巧みな詐欺ですが、少し気をつけると、下記のような怪しい点があり、容易に見破ることはできます。

・品物の送付元が「個人ではなく、なぜかヤマダ電気のような販売店から」
・フリマ上の商品写真が個人撮影ではなく、「販売店やメーカーのサイトから移してきたようなきれいな画像」

少しでも不審な点があれば、受け取り確認をせず、フリマ会社に通報しましょう。

本日もどうぞ良い日でありますように!

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ