会員向け「お元気ですかメール」
バックナンバー

Digital Keeperはタイムリーなセキュリティメルマガ「お元気ですかメール」を週3回お届けし、購読状況から会員の生存確認を行い、万一の際の終活サポートするサービスです。詳しくは「サービス紹介」をご覧ください。

2020.03.20

Google社員のコロナ対応で更新はしばらく停止?+Acrobatの更新

「アップデートのご紹介」のイメージ

おはようございます! デジタルキーパーです。
今朝もお元気でお過ごしですか?

アドベ社より「Adobe Acrobat」「Acrobat Reader」のセキュリティアップデートが出でいます。Windows、macOS共対象です。

PDFのソフトとして「閲覧と簡単な編集ができる無料のAcrobat Reader」と「様々な編集機能がついた有料版Acrobat」はどなたもお使いの標準ソフトです。
ただ標準的なソフトがゆえ、ハッカーに狙われる宿命があり、「脆弱性が見つかっては修正される」のいたちごっこが続いています。

Acrobatの脆弱性を悪用して、PDFをクリックしただけで感染するようなウイルスソフトは以前より減りはしましたが、今でも依然として猛威を振っています。PDFは普通に多用されているためハッカーにとって魅力的な感染源なのです。
また「脆弱性が見つかり対策されるまでの間に先にすばやく攻撃をしかける」ことを「ゼロディ(0 Day)攻撃」と言いますが、添付ファイルなどで使われることが多いAcrobatは、ゼロディ攻撃を最も受けやすいことも特徴です。

今回は13件の脆弱性のうち10件はリスク最高度の「クリティカル」に分類されています。念のためPDFをお使いの方は早めにアップデートしてしまいましょう。

方法は
「Adobe AcrobatかReaderを起動」-「ヘルプ」-「アップデートの有無をチェック」 です。

更新後の最新バージョンは「2020.006.20042」です。

また、デスクトップ用ブラウザー「Google Chrome」の最新バージョンが発表されました。
更新方法はいつもの通り簡単です。
・「右上の3つの縦・」-「ヘルプ」-「Google Chromeについて」

更新後の最新版は「80.0.3987.149」となります、

今回の更新には深刻・緊急なものはありませんが、13件のセキュリティー問題が含まれています。
ブラウザーは常にネットの玄関となる最重要ツールです。
またなんとGoogleも「コロナ騒動で社員を在宅勤務させているため、これからの更新は緊急でない限り、一時停止する」とのことです。

共に早めに更新してしまいましょう。

本日もどうぞ良い日でありますように!

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ