会員向け「お元気ですかメール」
バックナンバー

Digital Keeperはタイムリーなセキュリティメルマガ「お元気ですかメール」を週3回お届けし、購読状況から会員の生存確認を行い、万一の際の終活サポートするサービスです。詳しくは「サービス紹介」をご覧ください。

2020.04.27

もう「コロナ緊急経済対策国民一律10万円配布」に便乗する詐欺メールが発生しています!

マスクやコロナ支援配付金を狙う詐欺のイメージ

おはようございます! デジタルキーパーです。
今朝もお元気でお過ごしですか?

さて予想はしていましたが、早くも「新型ウィルスの緊急経済対策国民一律10万円配布」に便乗する詐欺メールが発生しています。

警視庁・総務省から、また高市法務大臣の記者会見でも「スマホの情報を盗まれる恐れがあります」と注意を呼び掛けています。

発見された詐欺メールは下記の画像をご覧ください。


 ■警視庁犯罪抑止対策本部のTwitter画像より引用

【不審メールのタイトル】:
 「給付金10万配布につき、お客様の所在確認」

【不審メールの本文の概要】:
 「今回国民の皆様へ現金給付が決定した件でご案内がございます。」
 「各携帯電話キャリア会社を通し、国民の皆様へ配布していく事となりました。」
 「詳細確認とお手続は下記URLへアクセスしてください」
 「お渡し方法は銀行振り込みもしくは、係りの者がマスクをつけて伺う場合がございます」
 「有効期限:4月30日(木)23時59分迄。上記期限を過ぎますと一旦打ち切りとなり、次回の受け取りになりますのでご注意ください」
 
などです。

稚拙な内容ですが、今後もっと精緻な同様の詐欺が発生する物と予想されます。

海外では既にコロナ対策をかたる詐欺が多数発生しています。アメリカのセキュリティ対策企業の調査によると、
「コロナ対策関連の詐欺は1月は1200件ほどであったが、3月は38000件と劇的に増加」
「既にコロナ関連詐欺で1900万ドル(約20億円)以上の損害が発生している」

とのことです。

メール以外にも、「訪問」「郵送」など様々な処方で10万円配布をかたる詐欺が横行すると予想されますので、十分に注意しましょう。

本日もどうぞ良い日でありますように!

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ