会員向け「お元気ですかメール」
バックナンバー

Digital Keeperはタイムリーなセキュリティメルマガ「お元気ですかメール」を週3回お届けし、購読状況から会員の生存確認を行い、万一の際の終活サポートするサービスです。詳しくは「サービス紹介」をご覧ください。

2020.05.01

新型コロナの新たな脅威に備えて、あらためて二段階認証設定の大切さを再認識しよう!

「二段階認証の安全性」のイメージ

いよいよ新緑あふれる5月になりました。

しかし残念ながらコロナウイルスに関連した、新たなセキュリティーの脅威が続々発生していいます。
月が変わった今日、あらためて二段階認証についてご案内させていただきます。

Digital Keeperでは二段階認証(=多要素認証)の重要性を繰り返しご案内しています。

IDとパスワードは、ユーザーがどんなに注意しても、サービス先から流出してしまったり、盗み見や推測といった手段で、不正使用される可能性があります。

しかし二段階認証さえ設定しておけば、仮に不正に使われても、あなたご自身がスマホ画面や、メール/SMSのリンクより「確かに私のログインです」と同意しない限り、ログインは成功しません。いわば「認証の最後の砦」なのです。

【公式ブログ記事】
 https://keepmealive.jp/2step-authentication2-2/

マイクロソフトとGoogleの調査では、二段階認証さえ設定していれば、アカウントが不正に使用される可能性は、なんと「99.9%以上低くなる」と言われています。

今や二段階認証は、Googleやマイクロソフト以外にも、Yahoo!、Twitter、Amazon、Apple、Facebook、Instagram、Dropbox、Evernote、ドコモ、AUなど大手のサービスのほとんどに導入されています。

どうぞ、まだ未導入のサービスがある方は、ぜひこの機会に見直していただき、設定くださるようおすすめします。

ところで、Googleをお使いの方、時々Googleより、

「アカウントの保護~Googleからのセキュリティに関するアドバイス」として「再設定用の電話番号を確認してください」というメールが届くことがあると思います。

再設定用の電話番号とは、「Googleに、自分のGoogleアカウントに紐付くSMSが受けられる電話番号を登録しておくこと」です。
登録しておくと、もしもパスワードが分からなくなった場合、登録した電話番号宛SMSでアクセス方法を知らせてくれます。

またその付加機能として、万一「いつも使っている端末と異なる端末からログインが試みられた」など不審なログインがあった場合、登録した電話番号宛SMSで通知が来るようになります。

これが優れもので、Googleによると、「再設定用の電話番号を指定しておくだけで、ほぼ100%近く不正ログインを防ぐことができる」とのことです。

併せて設定いただくようおすすめします。設定方法は下記のGoogleヘルプをご参照ください。

 ■Googleヘルプ
 再設定用の電話番号またはメールアドレスを設定する

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ