会員向け「お元気ですかメール」
バックナンバー

Digital Keeperはタイムリーなセキュリティメルマガ「お元気ですかメール」を週3回お届けし、購読状況から会員の生存確認を行い、万一の際の終活サポートするサービスです。詳しくは「サービス紹介」をご覧ください。

2020.06.03

Windows春のUpdate「v2004 May」はちょっと待って!+Amazonからの詐欺メールが多発中!

アップデートをご紹介

おはようございます! デジタルキーパーです。
今朝もお元気でお過ごしですか?

先週末からはじまった年2回の「Windows 10 の大規模機能更新アップデート~Windows10 v2004 May 2020 Update」ですが、やはりいろいろな障害が発生しています。

特にMicrosoftの「Surface」とかパナソニックの「Let’s note」といったノートパソコンをお使いの方は、パソコンメーカーが独自に追加している機能が未対応のため不具合を起こすことが多く、「指紋認証ができない」「電源がOFFにならない」「Bluetoothが使えない」といった深刻な障害も出ています。

ぜひ各メーカーのサポートサイトを見て対応状況をご確認ください。

毎月一回の「セキュリティの対策のアップデート」は危機対応ですからすぐに対応すべきですが、年2回の大規模アップデートは機能の追加や更新ですので、緊急性はありません。「今まで通り使えなくなる」リスクを考えると、更新は急ぐ必要はありません。

今回は特に様子を見た方がよいと思います。

その代わり、iPhone、iPadをお使いの方は、セキュリティアップデートの「iOS 13.5.1」が昨日発表されています。
通常の使い方をしている方には緊急に対応すべき内容ではありませんが、念のためお早めにご対応下さい。

さてフィッシング対策協議会より「Amazon をかたるフィッシング」について警報が出されています。

この詐欺メールは大量に配信されていますので、皆様のお手元にも届いているかもしれません。

Amazonより、
 「不正アクセスの疑い」
 「アカウント認証を行ってください」
 「アカウントのセキュリティ」
 「Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!」

といった件名で、あたかも「Amazonのサービスが一時的に使えなくなった」と偽り、「サービス再開のため」と称して偽サイトに誘導して、ユーザーの住所やクレジットカード情報などを盗取しようとします。

Amazonからも以下のように詐欺メールの見分け方について詳細な発表が出ていますが、そもそも「Amazon側よりユーザーの個人情報の開示を求めることはない」と明言されています。

 ■Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について

この手のメールは、ほとんどの場合、メールソフトで「迷惑メール」と分類されているはずですが、万一お手元に届いた際は、メールの本文を信じず、ご自身のアカウントでAmazonサイトにアクセスし、真偽をご確認ください。

特に周囲のご年配の方にご注意をお願いいたします。
本日もどうぞ良い日でありますように!

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ