会員向けメールマガジンバックナンバー

2020.02.26

ネットを使っていると突然出てくる「ウイルスに感染しました」のポップアップを信じちゃダメ!

★★★ご案内★★★
こちらは「オンラインデジタル終活サポートサービスDigital Keeper」が会員向けに(月)(水)(金)にお送りしている「お元気ですかメール」のバックナンバーです。
タイムリーなセキュリティ情報をお届けすると同時に、購読状況から会員の生存確認をさせていただき終活をサポートします。
Digital Keeperについてはサービス紹介をご覧ください。1ヶ月間無料でお試しいただけます。
★★★★★★★★★

おはようございます! デジタルキーパーです。今朝もお元気でお過ごしですか?

ネットを使っていると、パソコンやスマホの画面に突然「あなたはウイルスに感染しました」とのポップアップ表示が出たご経験は誰もがお持ちだと思います。

パソコンやOSのメーカーが出した警告のように最もらしいデザインのウィンドウが開き、以下のようなメッセージが並びます。

・「警告! ウイルスに感染しています。早急の対応が必要です。 修復するために、続行して指示にしたがってください。このウィンドウは閉じないでください。※※閉じた場合は自己責任となります※※」
・「至急システムのアップデートが必要です」
・「デバイスが感染しており、サイバー攻撃やデータ窃盗の被害を受けやすくなっています!」
・「あと○○秒で大切なデータが失われてしまう危険があります」
・「お使いのスマートホンで○個のウイルスが検出されており、バッテリーが感染しダメージを受けている可能性があります。」

そして、「当初無料、あとから有料となるのワクチンソフト」をインストールさせたり、「サポートするコールセンターに電話させたり」しようとします。

このような警告は100%偽物です。あわてず「ははあ、詐欺が来たな」と冷静に対処してください。いつものように「不安や、逆に幸運をあおるような表現は、とにかく警戒する」原則が大切です。

なお、これらの偽メッセージは、あまり健全でないサイトの中に、広告に紛れてコードが埋め込まれているケースがほとんどです。
「次へ」とか「ダウンロードはこちら」と言った紛らわしいバナーをついクリックすると、いきなり表示されるように仕込まれています。
さらにあわてて警告の一部をクリックすると、ソフトをインストールされたり、ずっと広告が表示されたままに、なる場合もあります。

シンブルで原始的な一種の「不正広告」手法ですので、パソコンに不正侵入されるような危険はありません。対処方法としては、警告の文面をネットで検索すると、たいていの場合は解除方法が見つかりますので、冷静にご対応ください。

本日もどうぞ良い日でありますように!

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ