会員向け「お元気ですかメール」
バックナンバー

Digital Keeperはタイムリーなセキュリティメルマガ「お元気ですかメール」を週3回お届けし、購読状況から会員の生存確認を行い、万一の際の終活サポートするサービスです。詳しくは「サービス紹介」をご覧ください。

2020.04.29

ニンテンドーとヨドバシカメラのユーザーを狙うネット犯罪について

「注意いただきたい大切なお知らせ」のイメージ
本日は皆さんやご家族にとてもなじみのある、二つのサービスに関わる事件についてご案内します。

【NNID(任天堂ネットワークID)への不正攻撃について】
以前、ニンテンドー3DSシリーズやWii Uで使用されていた古い「NNID」に大規模な不正ログインが発生し、結果としてNNID経由で「ニンテンドーアカウント」に不正ログインされて、16万人分もの「ニックネーム、生年月日、国/地域、メールアドレス」といった個人情報が流出してしまいました。

流出原因は、任天堂のシステムが破られたわけではなく、犯人が別途入手したIDとパスワードリストを元に侵入を試みる、古典的な「パスワードリスト攻撃」によるものです。
つまり、ユーザーのパスワードの使い回しが原因です。

任天堂は、NNID経由で「ニンテンドーアカウント」にログインする機能を停止し、パスワードの変更や「ニンテンドーアカウントに二段階認証を設定するよう」呼びかけをはじめました。

 ■「ニンテンドーネットワークID」に対する不正ログイン発生のご報告と
「ニンテンドーアカウント」を安全にご利用いただくためのお願い

 ■ニンテンドーアカウント サポート不正ログインを防ぐために

ユーザーがパスワードの使い回しを行っている限り、このような犯罪は防ぐことはできません。
また二段階認証を設定しておけば、パスワードを不正利用されても安心です。

 当社公式ブログ記事
 ■被害700人!イオンの不正使用から学ぶパスワード使い回しのリスクとは

【ヨドバシカメラを装った巧みなフィッシングメール】

[Yodobashi会員]ログインしましたか?(日付 時刻)
[Yodobashi会員]セキュリティシステムのアップグレード(日付 時刻)
といった件名のフィッシングメールが発生しています。

メールの本文や、URLをクリックして飛んだ先のサイトは大変精緻に作られていて、一見すると本物のように見えてしまいますが、よく観察すると、飛び先のURLが「yodobashi.com」ではなく、「yodobashi.mwc」といった変なドメイン名になっています。

いつもご案内しているとおり、
・「緊急」「危険」といった心を震わす内容のメールが届いた時は、まず冷静に「詐欺では?」と疑う
・サービスの本サイトを検索して訪問し、真偽を確かめる。

ことをどうぞご注意ください。

 ■【重要】ヨドバシカメラを装ったフィッシングメール(なりすましメール)にご注意ください

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ