会員向け「お元気ですかメール」
バックナンバー

Digital Keeperはタイムリーなセキュリティメルマガ「お元気ですかメール」を週3回お届けし、購読状況から会員の生存確認を行い、万一の際の終活サポートするサービスです。詳しくは「サービス紹介」をご覧ください。

2020.05.15

離れた場所のWindows10が操作できる、知られざる新機能「クイックアシスト」+グーグルChromeのアップデートについて

パソコンが使えないお年寄りを助けよう

おはようございます! デジタルキーパーです。
今朝もお元気でお過ごしですか?

「お元気ですかメール」では毎日セキュリティに関連する情報をお届けしていますが、危険情報ばかりでは息が詰まってしまいますので、時々別の話題もご提供します。

本日は「離れたところにいる方のWindowsパソコンの使い方を簡単にお助けする方法」です。

3密を避けるため「オンライン帰省」が流行っていますが、田舎のおばあちゃんのSkypeでやりとりしたくても、使い方が分からず、どうしても繋がらないことがあると思います。

そんな時に「相手のパソコンの画面を参照しながら、遠隔で操作して教えてあげられたら便利だ」と思いませんか?

このような手法をリモートデスクトップと言いますが、一般的には事前にお互いのパソコンに、専用のソフトをインストールしたり、事前設定などの準備が必須で、すぐには使えません。

ところが昨年秋に追加された新機能のため、あまり知られていませんが、お互いのパソコンがどちらもWindows10同士だったら、簡単に相手の画面を参照できる仕組みの「クイックアシスト」が標準で備わっています。

使い方はいたって簡単です。

1.【助ける側】Windows10のメニューから、Windowsアクセサリ→「クイックアシスト」を選択
2.【助ける側】6桁の数字からなるコードを発行して、メールや電話で相手に教える。
3.【助けてもらう側】同じように「クイックアシスト」を立ち上げて、伝えられた6桁の数字を入力し、「画面を共有する」の「許可」を押す。

だけです。

これだけで、助ける側は、自分のパソコン上に「相手のパソコン画面」が表示され、相手に代わって操作できるようになります。

さらに、相手の画面に印をつけて「ここをクリックしたらできるよ」と教えたり、「こうしなさい」とメッセージを出したりもできます。

詳しくは「クイックアシスト」で検索して見て下さい。以下のような解説サイトが多数ありますよ。

Windows10でクイックアシスト(リモート支援ツール)を使用する方法

■Googleクロームのアップデート

Googleクロームの最新版が出ました。

上から2番目の危険度の「高」3件の脆弱性への対応ですので、早めに更新してしまいましょう。
対象はWindows、macOS等デスクトップ版となります。
更新方法はいつもの通り簡単です。
・「メニューの右上隅の3つの縦・」-「ヘルプ」-「Google Chromeについて」

更新後、ブラウザーを再起動すると最新の「Chrome 81.0.4044.138」になっているはずですので、念のためご確認ください。

本日もどうぞ良い日でありますように!

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ