会員向け「お元気ですかメール」
バックナンバー

Digital Keeperはタイムリーなセキュリティメルマガ「お元気ですかメール」を週3回お届けし、購読状況から会員の生存確認を行い、万一の際の終活サポートするサービスです。詳しくは「サービス紹介」をご覧ください。

2020.05.18

特別定額給付金申請を狙う詐欺メールとマイナンバーカードのパスワードのご注意。

マイナンバーカードのパスワードか不明で困っている女性

おはようございます! デジタルキーパーです。
今朝もお元気でお過ごしですか?

いよいよ特別定額給付金10万円の申請がはじまりました。
ところが早速、オンラインで申請を狙い、「ここで給付金の申請手続きができます」と無関係なサイトへ誘導し、個人情報を拭き取ろうとする詐欺メールが横行しています

詐欺メールは、携帯電話事業者をかたって、給付金の申請手続きの偽サイトへ誘導するケースが多いです。
地方自治体や携帯電話事業者が、メールでオンライン申請の案内することはありませんので、十分にご注意ください。

さてオンラインで給付申請を行うには、専用サイトにアクセスして、住民票記載の筆頭者や家族の氏名、振込先の口座情報や口座の確認書類のアップロードなどの手続が必要です。

そして最後にマイナンバーカードを作成した際にご自身が登録したパスワード入力を求められます。せっかくデータを入力したのに、ここでつまずいてしまう方が実はとても多いのです!

マイナンバーカード作成時には、全ての方が必ず以下の4種類のパスワードを登録しています。

 1.マイナンバーカード署名用パスワード(半角英数字6~16文字)
 2.利用者証明用パスワード(4桁の数字)
 3.券面事項入力補助用パスワード(4桁の数字)
 4.個人番号カード用(住民基本台帳用)パスワード(4桁の数字)

給付金申請で最後に求められるパスワートは、1.の「6~16文字」の長いパスワードだけです。

このパスワードがはっきりせず、適当に入れた場合、もしも5回間違えるとロックされてしまい、ロックを解除するためには、わざわざ市区町村窓口に出向いて「パスワード初期化申請」をしなければなりません。

またパスワードを思い出せない時も、窓口に出向いて同じ手続をする必要があります。

マスコミでの報道の通り、市区町村窓口は「マイナンバーカードの関連の手続」のため大混乱し、「システムが動かず長時間待たされる」など困ったことになっています。

また、市区町村側の手続でも「オンライン申請の方が、かえって処理に手間がかかり、交付までの時間がかかってしまう」という本末転倒の状況のようです。

どうやら申請用紙がご自宅に届くのを待ち、郵送申請の方がはるかに確実のようですね。

なお、2.から4.の4桁パスワードは同じパスワードでも通用します。

マイナンバーカードを盗まれない限り、同じパスワードを使っても実質的なリスクは少ないため、同じパスワードにして「マイナンバーカードは、長いのと短いの、2つのパスワードを覚える」とした方が無難です。

本日もどうぞ良い日でありますように!

Digital Keeper をご検討中の方へ

登録後1ヶ月間は、
無料で全機能をお試しいただけます。

新規ユーザー登録

デジタルキーパーに関するお問い合わせは、
こちらからご連絡ください。

お問い合わせ